アルカネットの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アルカネットは、
ヨーロッパ南西部原産の多年草で、
初夏に青紫色の小さな花が開花します。

古くは根を染料の原料として、
利用するために栽培されてきて、
食用にも利用されてきましたが、
肝臓に害のあるアルカロイドを含むことが分かったため、
現在では食用はされていません。

そこで今回は、
アルカネットの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アルカネットの花言葉について

花言葉は、『大切な思い出』『淡い記憶』です。

アルカネット

 

 

 

アルカネットの育て方について

土づくりについて

日当り、水はけ、風通しの良い場所を好みます。

水はけが悪いと根腐れを起こすので、
水はけの良い土に植えます。

自分で作る場合は、
赤玉土(中粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土を使用します。

また、アルカリ性の土を好みますので、
地植え、鉢植えともに苦土石灰を土に混ぜ込んでおきます。

 

 

 

水やりの仕方について

アルカネットは、乾燥気味に育てます。

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は殆ど必要はありません。
やせ地を好みます。

逆に肥料が多すぎると、
肥料焼けを起こします。

春と秋に肥料を与えるぐらいで十分です。
3月~4月・10月に月1回、
濃度の薄い(2000倍程度)液体肥料を与えます。

 

 

 

 

増やし方について

種まきで増やします。

秋に種をまきます。
直まきかポット苗に数粒まいて間引いて育てます。

 

 

 

 

夏越しの仕方について

暑さと蒸れに弱いので、
花が終わったら切り戻して、
すっきりとした株にしておきましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しの仕方について

耐寒温度 は、-15 ℃ですので、
特別な冬越しの必要はありません。

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す