ココヤシの育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ココヤシと聞いて、どんなイメージを持ちますか?

南国のヤシの木のイメージを持つ方が多いでしょう。
ココヤシは、熱帯の植物です。

日本でも、地域に酔ては育てることができます。

暖かい場所で、元気なココヤシを育ててみたいと思いませんか?

そこで今回は、
ココヤシの育て方について
肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、
元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

ココヤシの育て方について

ココヤシの土づくりについて

ココヤシは、水はけのよい土を好みます。

自分で配合するならば、
赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜたものを使用しましょう。

市販されている、観葉植物の土でしたら、
そのまま使用できるのでお勧めです。

観葉植物の土

 

 

 

 

ココヤシの植替えの仕方について

植え替えは、特に行いません。

ココヤシ

 

ココヤシの肥料の与え方について

肥料は、実の持っている養分が利用できるので、
あまり必要はありません。

必要なら夏の生育中のみ、液体肥料をときどき与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

 

ココヤシの水やりの仕方について

水やりは、生育期は用土が乾いたらたっぷりと水を与えます。
葉水は必要です。
耐寒性が低いので、秋になると水を控え始め、
冬は水をかなり控えねばなりません。

 

 

 

ココヤシの置き場について

置き場所は、高温、強光を好みます。
年間を通じて明るい場所に置きます。

生育適温は20~30℃程度で、高温多湿を好みます。

耐寒性は弱く、越冬には13℃以上は必要で、
10℃以下になるようでは越冬できません。

 

 

 

ココヤシの冬越しの仕方について

沖縄なら、最低気温がまれに1ケタ”に下がることはあっても、
冬の間、わずか数日あるかないか”です。
近年の最低気温が14℃ぐらいで、
日中は18℃~20℃ぐらいありますから、
ココヤシの生育限界なんだと思います。

本州では、 窓辺で日照を確保しつつ24時間、
空調管理で室温を20℃前後にキープ・
かつ空中湿度も確保できれば、越冬も可能かと思いますが、
費用対効果”を考えると、
ワンシーズンになります。

つまり、沖縄県を除く日本本土では、
越冬が不可能なため生育できません。

 

 

 

 

ココヤシの剪定の仕方について

下の方の葉っぱが茶色く枯れてきたら、
株元から切り落としましょう。

また、根をチェックして、根腐れが見られたら、
植え替えをしましょう。

伸びすぎていたり、
腐っていたりする根は取り除くようにしてください。

 

 

 

ココヤシの増やし方について

殖やすことはできません。

実生株ですから、ヤシの実を入手して発芽させることになります。

 

 

 

スポンサードリンク




 

ココヤシの病害虫対策について

ココヤシの害虫対策について

使用する道具

 

 

カイガラムシ

薬剤に強いので、ティッシュで拭き取ったり、ピンセット等で取り除きます。
効果的なのは、水で洗い流すと良いです。
鉢土に卵が潜んでる可能性が有るので、洗い流した後は植え替えると安心です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

アブラムシ

オルトランDX粉剤・ベニカJスプレー・ベニカベジタブルスプレーを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
アブラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

ハダニ

ダニ太郎を散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ハダニの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

ココヤシの病気対策について

使用する道具

 

炭疽病

トップジンMゾルを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
炭疽病(たんそびょう)の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

 

すす病

カイガラムシの排泄物にひかれて、すす病菌が集まってくることで発症します。ベンレート水和剤などの殺菌剤を散布します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
すす病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

 

 

まとめ

ココヤシは熱帯の植物で寒さに弱く、
越冬させるには最低でも15度以上必要です。

本州では温室でもないと無理です。
よって一般家庭の庭では越冬は不可能です。

沖縄や、本州でも温室を利用すれば育てられますよ。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す