衣替えの時のお洗濯のコツについて(洗い方編) 自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します

衣替えの時の洗濯は、
たくさんの量になり、大変ですよね。

しっかりしまっておかないと、
来年は着れなくなっているかも。

そこで今回は、
衣替えの時のお洗濯のコツについて
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します 。

 

スポンサードリンク




 

衣替え時のトラブルについて

春夏衣料でのトラブルについて

 

春夏衣料でのトラブルランキング

  • 第1位  シワ
  • 第2位  ニオイ
  • 第3位  毛玉 

 

第1位のシワは、
やはり、春夏衣料では薄手のものが多いので、
収納ボックスに詰め込みすぎる傾向があるそうです。

ついつい詰め込みすぎてしまいがちですが、
ほどほどが大切ですね。

 

%e8%a1%a3%e9%a1%9e%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%8f

 

 

第2位のニオイでは、
収納スペースのニオイがついた。
よくわからないが、イヤなニオイがする
などの声があります。

汗をかく季節の衣料ですから、
落としきれなかった汗などの汚れによって、
ニオイが残ってしまうのかもしれません。

衣類の臭い

 

 

秋冬衣料でのトラブルについて

 

秋冬衣料でのトラブルランキング

  • 第1位  毛玉  
  • 第2位  ニオイ
  • 第3位  シワ 

 

秋冬衣料では、特に毛玉、ニオイ、シワに悩みが集中します。

その中でも3人に1人が経験しているのが、
第1位の毛玉によるトラブルです。

「昨年の毛玉をとらないまま収納してしまった」
「気がついたら、毛玉だらけだった」
などが多いそうです。

キレイにしたつもりでも、
袖や裾、ワキなどは意外と盲点。
気づかないまま保管してしまうことも多いようです。

衣類の毛玉

 

 

衣替えの時のお洗濯のコツについて

残った汚れのエイジングは注意です

衣類の汚れが残っていると、
時間の経過によってシミや黄ばみの原因になります。
その内には、ニオイに変化してしまいます。

これを汚れのエイジングと言います。
お気に入りの洋服が翌年取り出してみたら台無しに……
なんてことのないよう、
しっかりと気をつけましょう。

 

 

一度洗っていても、収納前にあらためて、洗濯しましょう

汗や皮脂の分泌が多い夏は、
ちゃんと洗ったつもりでも、
衣類の汚れが落ち切れていないこともあります。

たくさん汗をかいたり、汚れ落ちに不安のある衣類は、
一度洗っていても収納前に、
あらためてお洗濯するのがオススメです。

 

 

スポンサードリンク




 

洗濯機に入れる前のお手入れ

 

使用する道具

 

汗や皮脂の汚れがつきやすいエリ・脇の下の部分に、
おしゃれ着用の中性洗剤の原液をつけ、
指で優しくなじませます。

 

エマール

 

洗濯ネットに入れてドライコースで洗います。
Tシャツや綿ブラウスの場合は、
スプレータイプの酸素系漂白剤をスプレーしてから、
洗濯機に入れて洗うのも効果的です。

 

 

全体的な汚れにはつけ置き洗いがお勧めです

 

全体的に汚れが気になるときは、つけ置き洗いが効果的です。
洗濯機に低めに水を張り、
通常の洗濯と同じ量の洗剤を入れて約1時間つけ置き、
その後は通常の水量まで水を足して、
他の洗濯物と一緒に洗えば、水も洗剤も無駄になりません。

 

つけ置き洗い

 

 

 

 

香り付けをしましょう

 

使用する道具

 

 

仕上げに香りが残る柔軟剤を使うと、
干したり、畳んだりの作業が楽しくでき、
衣類の風合いも保てるのでおススメです。

 

フレアフレグランス

 

 

洗濯機の使い方もチェックしましょう

 

チェック項目

  • 洗濯物は詰め込み過ぎない
  • 洗剤は適量を守って使う
  • 洗濯槽の汚れもチェック

 

これらが守られていないと、
せっかく洗っても汚れが落ち切れなかったり、
ニオイが残ってしまう原因になります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

衣替え時のトラブルは、
シワ・臭い・毛玉などがあります。

お気に入りの洋服が翌年取り出してみたら台無しに……
なんてことのないよう、
しっかりと気をつけましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
衣替えの時のお洗濯のコツについて(干し方編)
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します
衣替えの時のお洗濯のコツについて(収納のやり方編) 自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す