ウインドエアコンの取り付け方 ウインドエアコンの特徴と、自分で簡単に取り付ける方法を紹介します

自分でも簡単に取り付けることができるエアコンとして、
ウインドエアコンがあります。

エアコンを取り付けたいが、
工事費が・・・。
引越しの予定があり、取り外しが面倒・・・。
なんて方には、ウインドエアコンがお勧めです。

そこで今回は、
ウインドエアコンの取り付け方
ウインドエアコンの特徴と、
自分で簡単に取り付ける方法を紹介します

 

スポンサードリンク




ウインドエアコンの特徴について

通常のエアコンと仕組みはほとんど変わりません

窓用エアコンの仕組みは、
室外で吸気した空気→室外で排出
屋内で吸気した空気→室内で排出
となっていますので、室内の気圧は変化しません。
加えて、屋内の熱を屋外まで運んで排熱しているため、
効率よく室温を下げることが出来ます。

ウインドエアコンは、
室内機と室外機が一体になった構造です。

ウインドエアコン

 

ウインドエアコンのメリットについて

取り外し取り付けが簡単で経済的です

自分で簡単に取り付けができるので、
取り付けや取り外しの費用がかからなく経済的です。

通常のエアコンですと、
取り付けや取り外しに、1万円~2万円くらいかかりますが
ウインドエアコンは、自分で出来ますので実質0円です。

 

 

部屋に穴をあける必要がない

ウインドエアコンは、窓に取付けますので
壁に穴を開けずに、窓さえあればOKなので、
賃貸でも安心して設置できます。
転勤や引越しの多い方にはオススメのエアコンといえますね。

通常のエアコンですと、
壁に穴をあけ、室内機と室外機を繋ぎます。

 

消費電力が少なくてすむ

通常のエアコンと比べて、
消費電力が少なくて済みます。

これには理由があって、
単純に通常のエアコンと比べて、
パワーが少ないからです。

 

 

ウインドエアコンのデメリットについて

パワーが小さいので、広い部屋には使えない

通常のエアコンに比べて、
パワーは、約3分の2程度になります。

ですので、広い部屋を冷やす能力はありません。
6畳程度までの部屋を冷やすのに適しています。

 

スポンサードリンク




通常のエアコンと比べて、熱効率が悪い

先ほど、メリットのところで
消費電力が少ないと述べましたが、
同じだけ室温を下げるのでしたら、通常のエアコンの方が
省エネです。

通常のエアコンは、
設定温度を25度にしてその温度を保とうと動き
省エネ効果を発揮しますが、

ウインドエアコンは違うんです。
25度に設定しても温度を保つことはせずに、
ただただ冷やすだけですので、
ここで省エネ性能に差が出ます。

 

少し音がうるさい

エアコンを使用している時、
外の室外機の音って聞いたことはありますか?
ブーンと音が鳴っていますよね。

まぁ、通常のエアコンであれば窓も閉めていますし、
外に置いてあるのでそんなに音は聞こえないですけど。

それが窓用エアコンの場合、室外機と室内機が一体化しています。
室外機が半分部屋の中にあるようなものです。
そのため、室外機の運転音がします。

 

ウインドエアコンの取り付け方について

ウインドエアコンは、
本体を持ち上げることができれば、
誰でも簡単に取り付けることができます。

実際に、女性でも自分で取付ける方が結構いるんです。

付属の説明書を読んでも十分理解出来ると思いますが、
取り付けイメージとして「コロナ」というメーカーの
ウィンドエアコンの取り付け方法を動画でご紹介します。

 

窓用エアコン(ウインドエアコン)の
取り付け方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

窓用エアコン(ウインドエアコン)

 

まとめ

いかがでしたか?
ウインドエアコンは、自分で簡単に取り付けることができます。

部屋が6畳くらいで、
引越しが多くて取り外しが発生する方にお勧めです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す