ガラスの地震対策について  自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します

大地震が起こった時、
まず被害にあいやすいのがガラスです。

ガラスが割れると、鋭い破片が飛散し、
大けがをしてしまう可能性があります
また、道路を歩いている人にも傷つけます。

地震はいつ発生するのかが分からないだけに、
日ごろから万が一に備えて、
対策を立てておくことが大切です。

そこで今回は、
ガラスの地震対策について
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

ガラスの地震対策について

割れたガラスはとても危険です。

 

割れたガラス

窓ガラス、食器棚などに飛散防止フィルムを貼っておくと、
割れたときのガラスの飛び散りを防ぐことができます。
フィルムは両面に貼るのがベストですが、
片面のみの場合はガラス片が落ちては困る室内側に貼ります。

 

 

飛散防止フィルムを貼る

 

使用する道具

 

まずは、貼り付けるガラス面を、
ガラス用洗剤で綺麗にふき取ります。

 

網戸の汚れている部分を軽くこすり洗いします。

 

そして、台所用液体洗剤を1、2摘入れた水を、
ガラスの貼り付け面に薄くスプレーします。

 

ガラスの貼り付け面に薄くスプレー

 

 

スポンサードリンク





次に、飛散防止フィルムの裏面フィルムをはがすします。
シートの粘着面に水をスプレーしながら、
裏面フィルムをはがしていきます。
霧吹きしないとフィルム同士がくっつき、
使えなくなってしまいます。
そして、シートをガラスに貼っていきます。
上の方からシートを貼りつけていきます。
ぬれているうちなら貼りなおしが可能です。

 

シートをガラスに貼っていきます

フィルムの四隅に切込みを入れておくと、
シワになりにくくなります。

 

貼り終わったら、ゴムベラで空気を追い出しましょう。
シートの表面を傷つけにくくするために、フィルム表面に霧吹きします。
ゴムベラを動かし、シートとガラスの間の水や空気を追い出します。

 

ゴムベラ

最後に、枠よりも二ミリ程内側でカットします。
カ ットするときは、カッターの刃は離さずに定規をスライドさせていきます。
また、カッターの刃をなるべく寝かせるようにするときれいに切れます。
もう一度シートの上から水をスプレーし、
気泡をゴムベラでしごき出します。
乾燥するまではズレやシワになりやすいので、
表面を拭いたりこすったりしないでください。

 

 

扉ストッパーを取り付りつけておく

 

使用する道具

 

 

観音開きの食器棚や書棚には扉ストッパーを取り付け、
扉を固定します。

 

扉ストッパー

 

揺れても扉が開かず、
食器などが飛び出してくるのを防ぐ事ができます。

 

 

寝る時は必ず、カーテンを閉める

就寝中の大地震に備えて、
寝室の窓ガラスが割れてガラスが飛散し、
大けがをしないように、
ベッドや布団の近くに窓ガラスがある時には、
就寝時はカーテンやブラインドを必ず下ろしておきましょう。

 

寝る時は必ず、カーテンを閉める

カーテンやブラインドがワンクッションになって、
ガラスから身を守ることができます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大地震が起きた時は、
ガラスは危険な凶器になります。

ですので、この記事を参考に
ガラスの飛散対策をしてみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す