白髪染め(ヘアカラー)と、ヘアマネキュアの違いについて 使い分ける方法を紹介します

白髪が目立ちはじめたとき、
どのような対策をしますか?
白髪を抜くと毛根を傷めてしまいます。
そこで、白髪染め(ヘアカラー)やヘアマネキュアを
使う方が殆どだと思います。
では、白髪染め(ヘアカラー)とヘアマネキュアの
違いは何なのでしょうか。
これらの使い分け方を紹介します。

スポンサードリンク




白髪とは

白髪とは、その名の通りで白い髪の毛です。
本来の髪の毛は、生えてきた時点では色はついていません。
つまり、白髪の状態で生えてきます。
全ての髪の毛は髪の毛が伸びるに従って、色付けが行われます。
白髪を黒髪に変える、メラノサイトの働きによって、
私たちの髪の毛は黒くなります。
しかし、加齢とともに失われる成長ホルモンや、
黒髪を白髪に変えてしまう過酸化水素、
メラニン不足などによって、
髪の毛に色付けが行われなくなり、
白髪として生えてきてしまうのです。

 

白髪染めについて

白髪染めには、白髪染め(ヘアカラー)と、ヘアマネキュアがあります。
これらは、染め方や成分が全く違います。

ヘアマネキュアの特徴について

へアマニキュアは、髪の表面をコーティングしながら、
色をつけていきます。
ヘアマネキュアは、脱色効果がないので、
髪の毛が痛みにくい特徴があります。
また、完全になじむブラック系や、
自然になじむブラウン系、個性的なカラー系など、
様々なカラーバリエーションがあります。

へアマニキュアは、髪の表面をコーティングするだけなので、
シャンプーなどによって色落ちしやすい特徴があります

 

白髪染め(ヘアカラー)の特徴について

白髪は、ヘアマネキュアでは染まりにくいため、
専用の白髪染め(ヘアカラー)が使われます。
白髪染めによって髪が染まるのは、
髪のキューティクルを剥がすことで、
洗液が内部まで浸透するからです。

つまり、本来髪が持っている結合力を弱めることになりますので、
何度も染め直すと、そのたびに髪は弱ってしまいます。
また、体質によって程度の差はありますが、
頭皮へのダメージも無視できません。

頭皮のダメージは、
あらゆる頭髪関係のトラブルの原因となりますので、
せっかく白髪を染めても、
抜け毛やフケに悩まされるようになるということも考えられます。

ダメージを最低限に抑えながら、
きれいな髪の色を維持するというのは、
知識がないとなかなか簡単なことではありません。

スポンサードリンク




白髪染めの使い方

ヘアマネキュアの使い方

まずは、ヘアマニキュアを温めます

髪の毛は、温めるとキューティクルが開きます。
髪の毛のキューティクルが開いた状態で、
ヘアマニキュアを塗ると、よく浸透します。

そこで、ヘアマニキュア剤を
すぐに髪に塗布していくのではなく、
手の平で温めてから使用します。
このひと手間を加えるだけで、
ヘアカラー成分がより髪に浸透しやすくなるのです。

 

浸透するまで時間を置きます

ある程度の時間を置くことで、
成分がしっかりと髪の内部に浸透してくれます。
理想を言えば説明書に記載してある時間の+10分ですが、
忙しいい日なら+5分でも構いません。
通常より少し長めで使用してみて下さい。

 

塗った後は、シャワーキャップを被る

ヘアマニキュア剤を塗布した際も、
シャワーキャップなどを上手に活用して
密閉させましょう。
そうすることで、キューティクルが開き
成分が奥まで浸透するのを助けてくれます。

 

白髪染め(ヘアカラー)の使い方

白髪の気になる部分からつけていきます。
髪が濡れたような状態に見えるまで、
たっぷりと馴染ませます。
髪全体に行き渡らせるよう、
上から下にだけでなく、横や斜めなど、
色々な方向にとかして伸ばします。

10~15分放置したら、よくすすぎます。
すすぎ色にヘアマニキュアの色が出なくなったら、
シャンプーそして、リンスをします。
シャンプーはいつもよりていねいに2回。
洗髪後は髪をよく乾かし、
枕などへの色移りを防ぎましょう。

注意
白髪染めの理想の頻度は、
2か月に1回程度です。
髪の毛が伸びる日数を考慮すると、
このくらいの頻度で染めれば、
きれいな状態を維持することができます。
例えもっと頻繁に染めたかったとしても、
月1回までが限度だと考えておきましょう。
それ以上の頻度で染めると、
デメリットのほうが大きくなります。

 

 

白髪染め売れ筋ランキング(男性用)

白髪染め売れ筋ランキング(女性用)

 

まとめ

白髪染めには、
ヘアカラーとヘアマネキュアがあります。
ヘアカラーは、長く持つ特徴がありますが、
髪の毛を傷めやすく、1ケ月に一度が限界です。
ヘアマネキュアは、長くは持ちませんが、
髪の毛に優しい特徴があります。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す