面接で志望動機を上手に伝える方法 効果的な志望動機の伝え方を紹介します

面接での採否を判定するうえで、

大きなポイントになる志望動機!!

志望動機をどのように伝えれば良いのか?

効果的な志望動機の伝え方を紹介します。

スポンサードリンク




志望動機とは

志望動機とは、

「これから、その会社に入って何をやりたいか」

ということです。

「自分は、この会社に入って、こういうことをやりたい。

それは、会社に、多大な利益をもたらすであろう。

だから、あなたは、私を採らないと損ですよ」

という売り込みなのです。

あなたの「これからやりたいこと」が

会社に利益を与えそうだと面接官が判断すれば、

会社は、あなたを採用してくれます。

 

効果的な志望動機の伝え方

ポイント①相手が何を求めているか理解する

自分が求めるものではなく、

相手が何を求めているか理解することが重要です。

「自分は、この会社に入って、こういうことをやりたい。」

と伝える方が沢山います。

けど、あなたがやりたい事が、面接官にとって

全く価値がなかったらどうでしょう?

即不合格ですよね。

 

自分が求めるものではなく、

相手がどういう人材を欲しているか、

どのように育って欲しいのか?

職種や会社の業務内容などをしっかり把握し、

それを伝える必要があります。

 

答えは簡単!! 利益を上げることができる人材です。

ではどのような人が利益を上げることができるのか?

これは企業によって考え方が違います。

ただ、企業ごとに「こういう人材が利益を出すことができる」

という考えがあり、

それを見極めるために企業は採用試験を行います。

 

企業ごとの考えを知る方法

企業ごとの考えを知るおすすめの方法は、

やはり、就職・転職サイトの活用です。

おすすめは、リクナビとキャリコネです。

 

リクナビNEXT

リクナビは、圧倒的な会員登録数と、

圧倒的な企業情報が特徴です。

就職や転職をする方は、必ず登録しているところになります。

 

キャリコネ

キャリコネは企業の年収・企業の口コミサイトになります。

同業他社の口コミや年収を見て「転職・就職すべきかどうか」

を判断するための材料になります。

企業ごとの考えを知る参考になります。

 

ポイント②就職試験を受ける会社を入念に調べる

就職活動は、相手を知ることはとても重要になります。

つまり、軽はずみで沢山試験を受けたところで、

なかなか上手くいくものではありません。

就職試験を受ける会社を入念に調べ、

志望動機にその調べた内容を盛り込むと良いでしょう。

 

スポンサードリンク




ポイント③業界の中でなぜ御社なのか

志望動機の中でも、重要な部分が

「業界の中でなぜ御社なのか」という箇所です。

ここを詳しく語ると、会社への強い志望度を伝えらます。

その為には、業界分析をして、

業界の中での志望企業の長所・強み・特徴を探りましょう。

自分のビジョンと企業の特徴を結びつけるのがポイントです。

 

ポイント④志望動機の根拠をうまく伝えよう

どうしても志望動機はかぶりがちです。

被らないようにするために、一番簡単な方法は

「なぜその志望理由なのか」という根拠を肉付けする方法です。

たとえば、志望動機が『海外で働きたい』だけだと被る。

けれど、「海外で働きたい」と思うには、

その人なりの人生の経験・考えが裏側にあるはずです。

「なぜ僕は、海外で働くことに魅力を感じるのだろう」と深堀りし、

『志望動機を抱くようになった理由』を語ることです。

 

ポイント⑤面接官世代の人に意見を求めましょう

ここは重要です。

面接官世代の人の考えは、

自分たちで計り切れません。

志望動機などを履歴書に書いたり、

面接の練習をする際、

面接官の世代に近い、

両親などに確認してもらうと良いでしょう。

20代の若者とは考え方も、物の見方も全然違う方々です。

その団塊世代の方々の意見に近い理念を志望動機とすると力強いです。

実際に、会社で面接官をしている方が

身近におられると色々アドバイスを頂ければ、怖いものなしですね。

 

 

面接対策にお勧め支援情報サービスランキング

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す