日本酒から作った化粧水は、美白や美容効果に優れています。日本酒から化粧水の作り方  おばあちゃんの知恵袋を検証

昔から、日本酒から化粧水が作れ、
美白や美容効果があると言われてきました。

日本酒から作る化粧水の効果の科学的根拠と、
昔からの知恵が本当なのかどうか、
詳しく調べてみました。

スポンサードリンク




お酒を作っている杜氏の手は、白くて美しい

昔から、お酒づくりに携わる杜氏の手は白くて美しい。
って言われてきました。
日本酒 白鹿
実は日本酒には、
美白や育毛などに効果がある成分が入っているのです。
白鹿というお酒から造られた化粧水が、
市場で出ています。
日本酒で化粧水を作るには、白鹿がお勧めです。
白鹿

 

理由は、米麹の成分であるコウジ酸です

米麹の成分であるコウジ酸は、
細胞の老化を防ぎ活性化させます。
米麹
こうじ酵素
コウジ酸を初めて発見したのは、日本人です。
コウジ酸は日本古来から伝わる米麹から発見されました。
初めてコウジ酸が発見されたのは、
1907年です。
そして、コウジ酸の美白効果に関する研究が始まったのが、
1970年代になります。

コウジ酸の一番の働きは、
皮膚にあるメラノサイトに作用して、
チロシナーゼという酵素の活性を邪魔します。
コウジ酸
この作用によって、メラニンの生成が抑えられて、
シミができにくくなります。

メラノサイトとは
紫外線を浴びて刺激を受け過ぎると、
脳はメラノサイトに対して、
大量のメラニンを作れという指令を出します。
そして、作られた黒色のメラニンは、
紫外線が肌奥に侵入するのをブロックし、
肌へのダメージを避ける働きがあります。
しかし、紫外線の刺激が止まった後も指令が止まらず、
メラニンが過剰に作られ続けるとシミになってしまいます。

 

チロシナーゼとは

紫外線を浴びて刺激を受け過ぎると、
脳はメラノサイトに対して、
大量のメラニンを作れという指令を出します。
メラニン

しかし、作られたばかりのメラニンは、
チロシンというアミノ酸ですが、
酸化酵素のチロシナーゼが活性化して、
チロシンに作用することにより、
チロシンは黒色メラニンに変わってしまうのです。

もし、チロシナーゼの作用を抑えることができれば、
黒色メラニンが生成されることがなく、
その結果、美白へとつなげることができます。

スポンサードリンク




日本酒には、強力な保湿成分も含まれています

日本酒にはジヒドロキシプロピルグルコシドという
強力な保湿成分も含まれていて、
この成分が肌をしっとりさせます。
保湿成分

 

ジヒドロキシプロピルグルコシドとは

ジヒドロキシプロピルグルコシドとは、
日本酒300mLにわずか1gしか含まれない希少な成分です。
この成分がとってもアンチエイジングに良い成分なんです!!
ジヒドロキシプロピルグルコシドの保湿成分と、
コウジ酸の美白効果が両方入った、お酒の化粧水が
美白、美肌に効果的なのです。

お酒から造られている化粧水
会津ほまれ化粧水

 

日本酒から化粧水の作り方

日本酒から化粧水を作るのは、
とても簡単です。
日本酒100mlとグリセリン小さじ1杯を、
スプレーボトルに入れて、よく混ぜるだけです。
出来上がった化粧水は、顔だけではなくて、
全身に使用できます。
グリセリン

 

まとめ

日本酒には、コウジ酸が含まれています。
コウジ酸の一番の働きは、
皮膚にあるメラノサイトに作用して、
チロシナーゼという酵素の活性を邪魔します。
この作用によって、メラニンの生成が抑えられて、
シミができにくくなります。
つまり、美白効果があるということです。

また、日本酒にはジヒドロキシプロピルグルコシドという
強力な保湿成分も含まれています。

この二つの成分が含まれていることで、
日本酒から作った化粧水には、美白、美容効果があるということでした。
昔から言われてきた、
日本酒から作った化粧水は、美白や美容効果に優れていると言う事は、
本当でした。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す