ゴキブリを見かけた時の対策について おすすめのゴキブリ駆除方法を紹介します

ゴキブリは、冬の時期以外は基本的に
目にしてしまいますよね。

ゴキブリ対策には侵入対策、駆除対策、巣作り防止対策など
様々な方法があります。

これらの対策をきちんと行えば、
ゴキブリを見ずに快適に過ごすことができます。

そこで今回は、
ゴキブリを見かけた時の対策について
おすすめのゴキブリ駆除方法を紹介します。

スポンサードリンク




ゴキブリの生態について

ゴキブリは、1匹見かけると30匹はいます

よくゴキブリは「1匹見たら30匹はいる・100匹はいる」
といわれるほど、繁殖力と生命力が強い虫です。
ですから、ゴキブリを見たらまず「1匹だけではない」と思うことが大切です。

 

ゴキブリは、18℃を超えると活動を開始します

冬の時期は、ゴキブリを見かけませんが
春から秋にかけて見かける機会も増えます。
それは、ゴキブリが活動を開始する温度が18℃だからです。

18℃を超えると、ゴキブリは活発に行動を始めます。

 

ゴキブリの駆除方法について

毒エサタイプの駆除剤を使用する

市販の毒エサタイプの駆除剤として、
「ブラックキャップ」、「コンバット」、「ゴキブリキャップ」などがあります。

この方法は、
1回の設置で全てのゴキブリを死滅させる可能性が最も高い方法です。
また、効果が数ヶ月にわたって続く為、
設置数ヶ月後にゴキブリが出たとしても再対策が不要で、
手間・コスト面でも優れています。

コンバット

コンバット

 

コンバットの説明の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

燻製タイプ(バルサン)を使用する

バルサンが最も効果を発揮するのは、
大量のゴキブリがいる場合と、家の主が何処かに出かける場合です。

バルサンは他の駆除剤と比較すると即効性に優れ、
1回の施行で大量のゴキブリを駆除できます。

その為、大量のゴキブリが出て困っているような場合、
一度バルサンで駆除してから、他のゴキブリ対策をするのが効果的です。

また、長期に出かけるような場合、
バルサンを炊いて出かけると、
ゴキブリだけでなく他の虫も殺せて捗ります。

バルサン

バルサン

 

 
バルサンの使い方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

スポンサードリンク




ダスキンのゴキブリ駆除を活用する

ゴキブリ駆除で、安全面と効果が高いものが、ベイト方式です。
ベイト方式とは、
ゴキブリの”毒餌”である「ベイト剤」を使用して駆除する方法です。
ベイト剤と言われるものは駆除クリームのことで、
ゴキブリの好む餌や誘因物質に、ゴキブリを駆除する成分を混ぜたものです。

 

即効性に優れています

ゴキブリがこのベイト剤を体内に摂取することで、
2週間以内に死にます。

また、ベイト方式の優れた点としては、
ベイト剤を摂取したゴキブリはもちろんのこと、
それを摂取した
ゴキブリの排泄物を食べたゴキブリをも死滅させることができます。

そして、ベイト剤の効果は長く持続するため、
たとえ数週間後に新たなゴキブリが孵化したとしても、
その幼虫はベイト剤をなめてすぐに死滅します。

もし、外から入りこむようなことがあっても、
ベイト剤を摂取して死にます。

ゴキブリのいない環境を確実に作ることができます。

 

無料で、除去してくれます

ダスキンのゴキブリ駆除の正式なサービスは、有料ですが
無料診断というサービスがあります。

無料診断では、ゴキブリの生態を熟知したプロが徹底調査をしてくれます
初回サービスでは、バキュームによる吸引で、成虫、幼虫はもちろん、
死骸やフンまで除去してくれます。

ゴキブリが気になる方は、
無料診断を活用してみてはいかがでしょうか。

ダスキンのゴキブリ(害虫)駆除サービス(無料診断)

 

まとめ

ゴキブリは、家の中の隙間から侵入してきます。
このすべての穴をふさぐことは不可能ですので、
薬剤などによる駆除になります。

もし余にもたくさんゴキブリを見かける場合は、
ダスキンのゴキブリ駆除など
プロの方に診断してもらうのも良いかもしれません。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
シロアリの見分け方と、白アリ対策について
自分でできる対策から、おすすめの対策を紹介します

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す