寝起きに起きる胃痛について 原因とおすすめの対策を紹介します

寝起きに胃痛を感じる方も少なくないと思われます。
寝起きに胃痛を感じるのは、
実はそれほど不自然なことではないのですが、
寝起きに胃痛が起こる原因には、さまざまなものがあります。
また、その原因は胃の病気が原因で起こるとは限りません。

そこで今回は、
寝起きに起きる胃痛について
原因とおすすめの対策を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

寝起きに起こる胃痛の原因について

原因① 前日の暴飲暴食

食べ過ぎてしまった時、
大量の食べ物が胃に入る事で胃酸が大量に分泌されます。
胃酸が大量に分泌される事で、胃の粘膜が炎症し胃痛起こったり、
大量の胃酸が逆流して吐き気や胸焼けが起こりやすくなります。

そもそも胃は、
食べ物を溶かすような強力な胃酸から胃自身を守るために
胃の内側が粘膜でおおわれています。
しかしたくさんの胃液が一度に分泌されてしまうと、
この胃粘膜までもがダメージを受けて炎症を起こしてしまうのです。

そのため胃自体がダメージを受け、痛みを感じるのです。

 

原因② ストレス

ストレスが原因で、寝起き時に胃痛になることもあります。

職場や人間関係のストレスは、
なかなか自分で抜け出すことができないですよね。
こうした精神的なストレスが続いた場合も、
胃酸が大量に出てしまい、胃を痛める原因となります。

胃酸が大量に出てしまうのは、
自律神経の働きが悪くなってしまうからです。

自律神経の働きを整えるには、
リラックスすることが一番です。
寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かると、
自律神経を安定させることができます。
仕事で忙しいとついついシャワーで済ませてしまいがちですが、
お湯を湯船にためて、
ゆっくりお風呂に使った方が精神的にもリラックスできますよ。

 

原因③ 寝不足

寝不足になっても、胃酸の出すぎにつながります。
しかも、胃酸を守る粘液の分泌も少なくなります。

そのため、胃があれてしまい胃痛が発生してしまうのです。

つまり胃が荒れることで胃痛が起こるわけですね。

 

 

寝起きの胃痛の対処法について

お水を飲みましょう

寝起きの胃痛の原因は、
胃酸の出すぎですので、
胃酸の量を減らせば胃痛を押さえることができます。

その方法は、寝起きの胃痛を感じたら、白湯を飲めばよいのです。
胃酸を薄めることが出来、水分の補給も出来ます。
職場には、白湯を小さな魔法瓶に入れて持っていくといいですね。

 

スポンサードリンク




寝る2・3時間前に食事をしない

自分で簡単に出来る対策は、
食事のとり方に注意することです。

食事の時間を規則正しくしましょう。
食事の量は、昔から言われているように腹八分目にして、
就寝前の、2・3時間前の食事は控えましょう。

また、食後は激しい運動をしてはいけません。
食後は30分から1時間ほど休憩しましょう。

 

寝る直前に食事をしてしまうと、
休息しようとしている体に負担をかけてしまいます。

体が休んでいる状態だと、
胃腸の活動も低下していて、
食べ物の消化が進まないのです。

 

しっかりと睡眠をとる

不規則な生活をしていたり、
夜型の生活になってしまっていると、
睡眠の質が低下してしまいます。

規則正しい生活を心がけ、
しっかりと睡眠をとりましょう。

 

 

快眠効果があるサプリメントの人気ランキング

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
睡眠の質を高める方法について 9個のコツを紹介します

 

 

胃薬を飲みましょう

白湯を飲んでもなかなか治らないのであれば、
市販の胃薬を服用しましょう。

ただし、薬を飲むことが習慣になってしまってはいけませんよ

 

 

胃腸薬(胃酸の出すぎの症状に効く)の市販薬ランキング

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝起きに起こる胃痛の原因は、
前日の食べ過ぎ、ストレス、寝不足などになります。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す