古い壁紙の剥がし方 自分で簡単に剥がす方法を紹介します

壁紙を自分で張り替えたことはありますか?
壁紙を張り替える前には、
古い壁紙を剥がす必要があります。

風い壁紙を剥がす時に、
なかなか剥がせない経験をされて事はありませんか?

そこで今回は、
古い壁紙の剥がし方 自分で簡単に剥がす方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




古い壁紙の剥がし方について

ドライヤーで温めると、剥がれやすくなります

 

使用する道具

 

ビニール壁紙がはがれにくい時は、
ドライヤーで温めるとはがれやすくなります。

ドライヤーで温めると、剥がれやすくなります

 

はがれ残った部分は、
ストリップナイフを使って下から上へはがします。

上手にはがしたあとには裏紙が残り、
これが新しい壁紙を貼る時の下地になります。

 

 

紙製の壁紙には、中性洗剤を使用します

 

使用する道具

 

紙製の壁紙がはがれにくい時は、
厚めのあて木にサンドペーパーを巻いて、
古い壁紙の上からこすり、水分の吸収性を良くします。

厚めのあて木にサンドペーパーを巻いて

 

その上からぬるま湯に中性洗剤を加えたものをスポンジに含ませて、
表面を叩くようにぬらしてからはがします。

 

 

スポンサードリンク




壁紙を張り替える時は、全て剥がす必要はありません

古い壁紙をはがす、といっても
貼り替えの時には全部をはがす必要はありません。
壁紙は表面の素材にかかわらず、
裏に紙が裏打ちされて2層になっているので、
表面の紙だけをはがし、
下の紙は残して新しい壁紙の下地にすればいいのです。

簡単・きれいにはがすコツは、
すみの部分からめくっていくこと。
もし表面の紙の一部が残った時は、
ヘラなどではがす処理が必要です。

また下地の一部がはがれた場合には、
はがし剤でその紙もはがしてしまいます。

壁紙剥がし

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

壁紙は、ちょとしたコツで簡単に剥がすことができます。
壁紙がなかなか剥がせない時は、
一度試してみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す