ネズミ対策の仕方について  自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します

日本には10属27種のネズミが生息しています。

その内私たちが目にするのは、
ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種です。
これらは、一般に家ネズミと呼ばれ、
ビルや家屋、その周辺に住みつき、
私たちに様々な被害をもたらします。

そこで今回は、
ネズミ対策の仕方について
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




ネズミ対策の仕方①粘着テープを使用する

粘着タイプのネズミ粘着板は、ネズミ退治の定番商品になります。

使用する道具

 

 

一箇所に3枚~を目安に、ネズミの出入り口、
かじられた跡、糞や体毛の落ちている場所
(これらをラットサインと呼びます)に設置します。

もっとも、粘着板の設置枚数は多ければ多いほど捕獲率が上がります。

ネズミの習性を利用して、壁面に沿って並べます。

 

ネズミ粘着板

 

粘着板の下に新聞紙を敷き、
ネズミの足についた水や油をふき取る事によって
捕獲率が上がります。

また、周りに餌が少ないと捕獲率が上がります。
設置する前に、餌となるような物はできるだけ片づけましょう。

 

 

ネズミ対策の仕方①殺鼠剤を使用する

殺鼠剤とは、その名のとおり、
毒の入ったネズミのエサです。

 

使用する道具

 

 

ネズミを薬剤により駆除したい場合に使用します。
殺鼠剤には大きく分けて、
即効性のリン系と蓄毒性のワルファリン系の2種類があります。

【ワルファリン系の殺鼠剤に関する豆知識】
誘食剤が配合されているので喫食性に優れています。
約4~6日間連続して食べさせる事で徐々に効果を発揮します。
このため他のネズミにも警戒心を抱かせることなく、
継続して複数のネズミを退治できます。
また、連続して食べさせる事によってはじめて効果を発揮するため、
愛玩動物が誤食してしまった際にも比較的安全です。

 

殺鼠剤の使用ポイント

無毒の餌(食品)のみを与えて、
ねずみに餌場として認識させると
より効果的です。

はじめに、ねずみ用の毒餌皿(容器)に無毒餌を入れ、
ねずみが食べ慣れてきたら(餌を食べている痕跡が見られてきたら)、
そこへ殺鼠剤を混ぜます。

 

殺鼠剤

 

★餌材料(無毒餌)の例
一般にヒマワリの種やヒエ・アワ(カナリアシード)、
菓子、サツマイモ、ソーセージ、
食パン、さつま揚げ、から揚げ、ごま油などがよく用いられます。

 

 

スポンサードリンク




 

ネズミ対策の仕方③忌避剤を使用する

忌避剤とは、その名の通りで、
臭いによって、ネズミを近寄らせなくします。

ネズミは臭いに敏感です。
天井・床下などのネズミを忌避剤を使って追い出します。
目的や場所に合わせて忌避剤の種類を択んで下さい。

 

使用する道具

 

ねずみは順応力や学習能力のある動物です。

ですので、匂いに慣れてしまうと効果が期待できず
追い払うことができませんので、
定期的に違う匂いのものと交換することをおすすめします。

忌避剤のスプレーの場合、ねずみの侵入口や通り道だけでなく、
パソコンや電話などの電化製品の配線のまわりにをかけておくと、
かじられなくて済みます。

 

ネズミ忌避剤 スプレータイプの使い方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

また、くん煙タイプの忌避剤を使用するときは、
火災報知器や子供のおもちゃ、ペット、食品、電子機器などに
かからないようにカバーして守りましょう。

 

 

 

ネズミ忌避剤 くん煙タイプの使い方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ねずみを駆除するのは一筋縄ではなかなかいきませんので、
いくつか駆除グッズを併せて使うとより効果がみられます。

 

特に、忌避剤はねずみ駆除を徹底的に行った後で
使用すると効果的です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネズミ捕りは、一筋縄ではいきませんが、
私が使用した中で、一番効果があったのが、
粘着タイプを使用したの駆除方法です。

一度試してみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す