寝起きに声が低くなる原因は何? 気になる疑問にお答えします

朝起きた時、自分の声が低いと感じたことはありませんか?

私は、寝起きは声が低くなってしまいます。

誰でも経験あると思いますが、
寝起きで電話に出ると、声で寝起きってことがバレてしまいます。
どうして寝起きの声は、低くなったりガラガラになるんでしょうか?

そこで今回は、
寝起きに声が低くなる原因は何?
気になる疑問にお答えします。

 

スポンサードリンク




寝起きに声が低くなる原因について

原因① 声帯がまだ起きていないから

声は、声帯から出ることはご存知ですよね。
声帯は体の筋肉と似ていて、
朝目覚めてすぐには、声帯がうまく働かないため、
結果として声が出ないのです。

朝起きた時は、
すぐには動けないですよね。

これと同じ現象が、
声帯にも起きているということなのですね。

 

 

原因② 口の中が乾燥しているため

朝はとにかく口の中が乾燥しています。
それもそのはず、寝ている時は声を出していないため、
唾液の分泌も非常に少なくなるからです。

しかも、口で呼吸する癖がある人は、
更に口の中が乾燥してしまいます。

その為、寝起きの声はとにかく『カスカス。。』で
全く声が出ないといった状態になってしまうのです。

特に冬場に関しては、お部屋の空気も乾燥していて、
湿度も低いために口の中がとっても乾燥しやすくなります。

 

原因③ アルコールやタバコなどの影響

アルコールやタバコは、
声帯の炎症に繋がることもあります。
ですので、深夜遅くまで飲み過ぎてしまったり、
昨晩タバコを吸い過ぎてしまったりした場合には、
声帯に大きな負担がかかってしまっていて
朝から声が出ない、声がかれている原因の一つになります。

この場合には喉や声帯にダメージが出ている場合がありますので、
声を無理して出さない事が大切になります。

 

 

おすすめの対策方法について

体を動かして、脳を刺激する

声帯は体の筋肉と似ていて、
朝目覚めてすぐには、声帯がうまく働かないため、
結果として声が出ないのです。

ですので、体を徐々に動かしていって、脳を刺激しましょう。
ラジオ体操やストレッチ、
時間が無ければ首を何回もゆっくり回すだけでも効果的です。
また、声帯がまだ眠っている状態でありますので、
声を出して起こしてあげましょう。

 

スポンサードリンク




水分補給やうがいをする

朝はとにかく、口の中が渇いていますので、
まずは、多めに水を飲んで水分補給をして口と体の渇きを潤しましょう。

また、うがいや歯磨きも効果的です。
口腔内に溜まっていた細菌を落として、
きれいにする事も出来るのです。
口の中が清潔になると、
意識的にきれいな発声へと繋がっていきます。

 

のど飴や喉ぬーるスプレーを使用する

アルコールやタバコなどの影響による場合は、
声帯に大きな負担がかかってしまっている可能性があります。

この場合は、のど飴を食たり、のどヌールスプレーで
喉をケアしてあげましょう。

 

 

喉ケア商品の売れ筋ランキング

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
寝起きの声が低い原因は、
「声帯がまだ起きていないから」
「口の中が乾燥しているため」
「アルコールやタバコなどの影響」となります。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す