牡丹(ボタン)の育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

牡丹(ボタン)は、
ボタン科ボタン属の落葉性低木で、
大輪で豪華な花が好まれ「百花の王」や「花王」といわれる名花です。
品種改良の歴史が長く、
花色や容姿のバリエーションが豊富にあります。

「育てるのがむずかしい」といわれる牡丹ですが、
庭植えにすれば、
それほど管理が大変なわけではありません。

そこで今回は、
牡丹(ボタン)の育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

「牡丹(ボタン)の育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

山茶花(サザンカ)の育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ元気に育てるコツを紹介します

山茶花(サザンカ)は、日本では古くから育てられていて、
庭木や生垣として利用されてきました。

日本の気候に合っているので、
育てやすい特徴があります。

そこで今回は、
山茶花(サザンカ)の育て方について
キレイに咲かせ元気に育てるコツを紹介します。

「山茶花(サザンカ)の育て方について 肥料の与え方・剪定の仕方・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

水菜の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

水菜は、
ビタミンCやビタミンA、カルシウム、繊維分が多く含まれ、
シャキシャキした食感、歯ごたえは生でも加熱しても美味しく召し上がれます。

鍋からサラダまで幅広いレシピで食卓に欠かせない水菜。
ぜひ自分の手で育ててみませんか?

そこで今回は、
水菜の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

 

水菜の品種について

水菜(京菜)

葉に深い切れ込みがあり、
白〜黄緑色の細くて長い軸を持つ京都在来の野菜。

スーパーで見かけるものは小束のものがほとんどですが、
本来は株が大きく1つの株から数百も枝分かれをします。

大株のものは「千筋京水菜(千筋京菜)」と呼ばれ、
漬け物や鍋物に最適。

小束のものは大株の品種を選抜育成したもので、
水耕栽培が多く茎はやわらかめです。
歯ごたえがよく、ほんのり辛味を感じることも。

水菜

 

 

サラダ水菜

一般的な水菜よりも、白い茎の長さが短く丈が低いです。
葉は青々としていて、シャキシャキと歯ざわりもよく、
葉の部分の部分も張りが、良い食感が楽しめます。

サラダ水菜

 

 

壬生菜(みぶな)

水菜の変種で、
京都の壬生寺付近で栽培されていたことからこの名がつきました。

水菜がギザギザしているのに対し、
壬生菜は切れ込みがなく葉のフチがへらのように丸いのが特徴。
ほのかに辛味があり、風味は水菜に似ています。
調理法も水菜と同じです。

壬生菜

 

 

 

水菜の育て方について

水菜は、
土の乾燥と害虫に注意すると、
上手に育てられるのが嬉しいポイントです。

乾燥に弱いので、
土が乾燥しにくいよう土の表面にワラや
腐葉土などでマルチングしましょう。

また、よくアブラムシがつくので、
害虫の予防と発生したときの対策が重要です。

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

 

鉢植えやプランターは、
野菜用の培養土を使うのが簡単でおすすめです。

自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1
の割合で混ぜた土に、
苦土石灰と化学肥料を10g程度混ぜあわせましょう。

 

地植えの場合は、
植え付け2週間前から土作りをはじめます。
土を深さ20cmくらい耕し、
1㎡あたり苦土石灰100g〜200gを畑にまいて耕したら、
1週間寝かせます。

その後、堆肥2kg、化学肥料150〜180gを畑に追加してよく耕し、
さらに1週間ほど寝かせた後、種まきや苗植えを行いましょう。

 

pHは6.0〜6.5が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

水菜の種まきの仕方について

 

使用する道具

 

種まきの適期は、4〜5月、9月上旬〜10月中旬です。
種まきから毎日水やりをすると、
3日ほどで発芽します。
種は小株どり用の品種を選ぶのがおすすめです。

平らにした土の上に、
種をまくための溝(深さ1cm程度)を2列つくります。
種を1cm間隔で1粒ずつまきます。
1〜2枚本葉が出てきたら、3cm間隔になるよう間引きます。
夏の高温期には、本葉4〜5枚のところで、
5〜6cm間隔になるよう間引きます。

 

発芽したばかりの水菜の苗は、
以下のような形をしています。

 

 

 

水菜の肥料の与え方について

 

使用する道具

 

 

プランターで収穫する場合は、
植え付けるときに緩効性化成肥料をまぜておきましょう。

地植えは、植え付けのときと、
本葉が5〜6枚の頃に肥料を与えます。

大株とり品種なら植え付け約20日後と、
40日後が肥料の適期です。いずれの場合も、
1㎡あたり50g程度の化成肥料を追加してください。

 

 

 

大きく育ったら、収穫します

水菜の収穫は、春まきなら5月中旬、
秋まきなら10月頃が適期です。

種まきから約30〜40日程で収穫できるので、
葉が固くなる前に収穫しましょう。

草丈20〜30cmが収穫の目安のサイズなので、
株元を5cm程残して収穫してください。

株元から収穫もできますが、
株元を残しておけばもう一度収穫できますよ。

ただし、葉が込み合ってくるとうまく育たなくなるので、
適宜抜き取るようにしましょう。

 

 

水菜の害虫対策について

水菜の害虫対策について

使用する道具

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

ダイコンハムシ

殺虫剤「ベニカS乳剤」を散布して退治します。

 

 

 

 

水菜の病気対策について

立枯病

殺菌剤「ベンレート水和剤」を散布し防除します。

 

 

根こぶ病

ネビジン粉剤を使用します

 

 

 

まとめ

水菜は、名前の通りで、
乾燥に弱いため、水やりは十分に行い、
株元に敷きわらなどマルチングをして水分保持に注意しましょう。

多肥になると、葉が固くなるため、
肥料の量には注意しましょう。

 

 

落花生の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

千葉県の名産品で知られている落花生は、
中南米原産のマメ科の野菜で、
日本で本格的に栽培が始まったのは、
明治時代に入ってからです。
過去にマメ科の植物を育てたことのない、
当たりのよいところに植え付けることが大切です。

落花生は高温で日当たりのよい環境を好む野菜で、
生育適温は25~28度です。

土の中に実がなるので、粘土質で多湿な土はうまく育ちません。
植え付ける前にしっかり耕しておくことが大切です。

そこで今回は、
落花生の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「落花生の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

カブの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

カブは、日本の野菜の中でも
最も歴史が古い野菜の一つです。

カブは1年を通して、2回旬が訪れます。
1回目は春で、 肉質が柔らかいのが特徴です。
そして晩春から初冬にかけてもう一度旬が来ると、
甘みのある味わいを楽しむことができます。

そこで今回は、
カブの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「カブの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

春菊の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

春菊は、鍋物野菜の定番ですよね。

独特な香りと風味をもつ春菊は、
キク科の野菜です。

食べるイメージの方が強いですが、
きれいな黄色い花を咲かせることから、
ヨーロッパでは観賞の対象とされてきました。

そこで今回は、
春菊の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「春菊の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

カリフラワーの育て方について 美味しく元気に育てるコツを紹介します

カリフラワーは、
ブロッコリーを改良してつくられた野菜です。

ですので、ブロッコリーと性質がよく似ていて、
栽培方法はほぼ同じです。

そこで今回は、
カリフラワーの育て方について
美味しく元気に育てるコツを紹介します。

「カリフラワーの育て方について 美味しく元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

白菜の育て方について 美味しく元気に育てるコツを紹介します

白菜は、冬の代表野菜です。

春まきと秋まきができる白菜ですが、
春まきは結球しにくく難しいので、
家庭菜園では育てやすい秋まきがおすすめです。

大きな白菜は魅力的ですが、
まずは育てやすい小型で早生種の品種から挑戦してみてください。

そこで今回は、
白菜の育て方について
美味しく元気に育てるコツを紹介します。

「白菜の育て方について 美味しく元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

長ネギ(白ネギ)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

長ネギ(白ネギ)は、中央アジア原産のユリ科の多年草です。
古くから薬味として利用される、非常に身近な野菜です。

ネギの栽培には、主に葉身を利用する葉ネギ栽培  と、
白く軟白した葉鞘を利用する長ネギ(白ネギ)栽培があります。

長ネギ(白ネギ)は、
生長に合わせて土寄せすることで、
葉鞘部を白く長く育てるのが特徴です。

そこで今回は、
長ネギ(白ネギ)の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「長ネギ(白ネギ)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ワケギの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

手間がかからず、プランターや鉢で簡単に栽培できるわけぎは、
ベランダ菜園向きの野菜です。
ワケギは、エシャロットの花粉を
ネギが受粉してできた植物です。

ワケギの太さは、ネギより少し細い感じで、
丈は30cmほどになります。タ

ネはできないので、鱗茎を植え付けて育てます。

そこで今回は、
ワケギの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「ワケギの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…