寝起きに機嫌が悪くなるのはなぜ? 気になる疑問にお答えします

起きてすぐはボーッとしてしまったり、
もう一度寝てしまおうかと考えたりしますよね。

そしてときにはイライラを感じることもありますよね。
寝起きに機嫌が悪くなるのはなぜでしょうか。
本人にしてみれば、機嫌を悪くしようとは思っていません。

つまり、無意識で機嫌が悪くなるのです。

そこで今回は、
寝起きに機嫌が悪くなる原因について
気になる疑問にお答えします。

 

スポンサードリンク




寝起きに機嫌が悪くなる原因について

原因① 睡眠の質が悪い

寝起きで機嫌が悪くなる原因の一つに、
睡眠の質が悪い、ということが言えます。

朝目覚めて、まだ十分な睡眠がとれていないと、
まだまだ寝たりない、なんで起きなければいけないんだ。
ということが無意識に起こります。

これが原因で、不機嫌になってしまうのです。

 

原因② ノンレム睡眠の時に起きてしまう

ノンレム睡眠とは、睡眠の中でも深くじっくり眠っている時間です。

ここで急に眠りから覚めてしまうと、
通常の起きている状態までもってくるのは、かなり時間がかかります。
脳がまだ睡眠スイッチをオフにしきれていないからです。

これが原因で、機嫌が悪くなってしまうのです。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠についての動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

 

あなたにピッタリの枕は、どんな形の枕?
質問に答えていくうちに、ピッタリの枕が分かる
70秒で分かる! ピッタリの枕

 

 

原因③ 心配事

現在、心配事や悩みはありませんか?

自分では眠っていたつもりでも、
心に抱えているものがあれば人は眠れなくなります。

心による一時的な睡眠不足は、解決すれば解消します。
しかし、長年寝起きが悪いという人はあてはまりませんね。

いつも寝起きが悪い原因として、
自律神経失調症が考えられます。

寝起きの悪さに加えて、
体がだるい、疲れやすいといったことはありませんか?

精神症状として不安感、イライラしやすい、
集中力や記憶力の低下もあります。

 

 

スポンサードリンク




寝起きに機嫌が悪くならないようにするには

6時間、もしくは7.5時間睡眠をとる

寝起きの機嫌を良くするには、
レム睡眠の時に目覚めることです。

その為には、レム睡眠、ノンレム睡眠のサイクルを知る必要があります。

一般的に、人間の睡眠の周期は90分なんです。

眠りに入るとまずはすぐに浅い睡眠である「レム睡眠」の状態になります。
その後、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返すのですが、
この周期が約90分と言われています。

つまり眠りに入ってから、
1.5時間、3時間、4.5時間、6時間、7.5時間、9時間後に
レム睡眠の状態になっているので、
このタイミングで起きると目覚めがスムーズで機嫌よく起きられます。
つまり、大体6時間か7.5時間睡眠が理想と言えますね。

 

予定よりも少し早く起きよう

気象予定時刻よりも、1時間早く目覚ましをかけましょう。
そのあと10分おきに、スヌーズにしてみましょう。
最初の目覚ましで、一度起きても、まだ寝れますよね。

2度寝は気持ちいいものです。
そして、何度も2度寝を繰り返すことで、
少しずつ、頭が起きてきます。

予定の起床時間になったら、
頭は冴えて、スッキリと起きれることでしょう。

 

 

快眠効果があるサプリメントの人気ランキング

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
寝起きに機嫌が悪くなる原因としては、
睡眠の質やストレス・起きるタイミングなどがあります。

私のおすすめの方法は、
やはり1時間前に目覚ましをかけることです。

そうすることにより、
余裕を追って起きることができます。
お試しください。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す