ぶどうの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

ぶどうは、真夏に収穫が楽しめる果実です。

ぶどうは自宅のお庭でも、簡単にプランター栽培ができます。
ぶどうの特徴をよく理解して、
コツさえつかめば、
しっかりと花を咲かせて果実を楽しむことが出来ますよ。

そこで今回は、
ぶどうの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

ぶどうの品種について

巨峰

石原早世とセンテニアルを交配して生まれた、
黒いブドウの定番品種です。

正式な品種名は「石原センテニアル」といい、
「巨峰」は商品名となっています。

果皮は濃い紫色、果肉は淡い緑色をしています。
元々は種ありのものが主流でしたが、
近年は種なし巨峰の需要が高まっています。

巨峰

 

 

 

デラウェア

アメリカを原産とする、自然交雑種です。
直径10~13mmと実が小さく、種はありません。

そのため、「種なしブドウ」という名前で流通していることもあります。

糖度は20~23度と高いですが、
巨峰やマスカットよりも手頃な値段で販売されています。

デラウェア

 

 

 

ピオーネ

ピオーネは巨峰の血を受け継ぎ、
色は濃い紫から紫黒色で、粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。

果粒は巨峰よりやや大きく、
爽快な香気(マスカット)をもち、風味が大変いいです。
多汁で、糖度も16度以上になり、
強い甘さとそれを支える酸味を持っています。

最近は種無し栽培が盛んで、巨峰と並ぶ人気があります。

果皮は硬く、剥いたほうがいいでしょう。
粒の先端に薄く十字の切り込みをいれ、
果頂部から剥くと綺麗に剥きやすいです。
花びらのように半分だけ剥いてかざりつけたりします。

ピオーネ

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

シャインマスカット

シャインマスカットは「安芸津21号」に「白南」を交配して育成されたもので、
果皮の色が黄緑又は黄白、果粒が大粒です。

シャインマスカットは、
2006年に品種登録されたばかりの
まだ新しい品種の白ブドウです。

マスカットの香りと高い糖度、
そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。

近年の人気種で、
私のおすすめのぶどうの品種です。

シャインマスカット

 

 

 

 

 

ぶどうの育て方について

ぶどうは、日本全国栽培可能で生長が早く、
収穫量も多いため、近年家庭菜園で密かにブームが到来しています。

つる性なのでアーチやフェンスに絡ませたり、
フェンスに仕立てて生垣にもなります。
おしゃれにお庭を演出します。

ぶどうは、1本の木に雄しべと雌しべが付き、
自家受粉できることが特徴です。
その後、結実して果実は房のように付いていきます。

 

 

 

 

土づくりについて

使用する道具

 

水はけ、水もちのよいことが大切で、
この条件さえ満たせば、土はあまり選びません。

一般的な市販の用土を混合して用いる場合は、
赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。

 

pHは6.0~7.0が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

 

ぶどう苗を植え付けます

使用する道具

 

ぶどうは、鉢植えでも地植えでも育てることができます。
家庭でコンパクトに育てるのでしたら、
鉢植えがお勧めです。

地植えをすると、大きく育ち
棚や壁が必要になってきます。

ぶどうの苗木は、一般的に秋から春にかけて販売されますが、
12~2月の休眠期(極寒期を除く)が植えつけの適期です。

 

鉢植えの場合は、
デラウェアなど中~小粒の品種が向いています。
植え付ける容器は、7~10号の大きめの鉢がお勧めです。

鉢の底が隠れるくらいに、
鉢底石を入れてから、上記で紹介した用土を入れましょう。

そして、苗木をポットから取り出したら
傷んだ根を切り詰めて、放射状になるように土の上に広げます。
リング支柱を使い、あんどん仕立てにします。

最後に、鉢底から溢れるくらい水を与えましょう。
地植えの場合は、
日当たりと水はけのよい場所を選びます。

土質は特に選びませんが、
極端にやせているようであれば植え付ける前に、
土へ完熟堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。

植える時は、
つぎ木している部分が土中に埋まらないように注意します。
次に、支柱を立てて、5芽ほど残して主枝を切り詰めます。
最後に、たっぷりと水を与えます。

 

 

 

ぶどうの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

鉢植えは、2月、6月、9月に、
ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えます。

地植えは、10月下旬~11月上旬と、
3月の1回有機質肥料か化成肥料を株元に与えるとよいですよ。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

ぶどうの水やりについて

水やりの基本は、
表面が乾いたら、たっぷりです。

鉢土の表面が白く乾いたら、
鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。

地植えは、一旦根付いてしまえば水やりは特に必要ありません。
ただ、夏に日照りが続き、
土が乾くようであれば、たっぷり水を与えてください。

 

 

 

 

ぶどうの剪定の仕方について

使用する道具

 

 

ぶどうはつる性果樹なので、
どのような形にも仕立てることができます。

最も一般的な仕立て方は「棚仕立て」で、
日本の生産者の方々がよく用いている手法です。

また、フェンスを利用した「垣根仕立て」、
支柱を使った「一文字仕立て」や「棒仕立て」なども楽しむことができます。

ぶどうは、春に伸びる新梢に花穂をつけます。
そのため、冬の間に樹形を維持するために枝を切り詰め、
棚などに誘引しておきます。

 

 

まず、古い枝や生長を妨げる枝など、不要な枝を切ります。
残した枝についても樹勢を抑えるために、先端を切り詰めます。
樹勢が強くなりすぎると、枝や葉の方に栄養が回ってしまい、
果実の品質が低下します。

枝を切り詰める長さは品種によって多少異なり、
樹勢の強い「巨峰」や「ピオーネ」などは、
結果母枝に7~8芽残して剪定し(長梢剪定)、
樹勢の弱い「デラウエア」や「マスカットベリーA」などは、
2~3芽残して剪定します(短梢剪定)。

剪定は、芽と芽の間で切り、
1m2当たり2~3本の枝を残すようにします。

剪定が終了したら、バランスを見ながら、棚や垣根に誘引します。

剪定後の切り口、及び傷口のゆ合促進には、
殺菌剤「トップジンMペースト」を剪定整枝時の枝の切り口に塗布します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

ぶどうの袋かけをします

使用する道具

 

病害虫の予防には「袋かけ」が重要なので、
摘粒が終了した6月下旬から、袋かけを行ないましょう。

袋かけは、黒とう病や晩腐病などの病気、
チャノキイロアザミウマ(スリップス)などの害虫から、
果実を守るだけでなく、風で果実が傷むのを防ぐ意味もあります。

袋はやや大きめのものを使用し、
房の下から丁寧にかぶせ、果梗の上の方をひもで止めます。

 

 

 

 

ぶどうの収穫の時期について

ぶどうは成熟が近づくと房全体が色づき、
品種によっては何ともいえない香りが漂います。

また、房の基部(枝に近い方)から房先に向かって成熟してくるので、
房先の果実を食べてみて美味しかったら収穫します。

果房は、ハサミで丁寧に切り取りましょう。
樹全体の房が一度に成熟するわけではないので、
1房ずつ観察しながら収穫することがポイントです。

 

 

 

ぶどうの病害虫対策について

ぶどうの害虫対策について

 

使用する道具

 

 

ハダニ類

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

 

 

コナカイガラムシ類

殺虫剤「ベニカベジフルスプレー」、「ベニカ水溶剤」を散布しましょう。

 

 

 

ブドウトラカミキリ

樹皮の下で冬越しし、春から移動して木の芯部を食害します。6月ぐらいになると新梢が突然枯れこみます。冬の剪定時に注意深く観察し、捕殺するようにしましょう。

 

 

 

ブドウスカシバ

殺虫剤「家庭園芸用スミチオン乳剤」を散布して防除します

 

 

 

 

ぶどうの病気対策について

 

使用する道具

 

 

黒とう病

休眠期なら殺菌剤「ベンレート水和剤」を、生育期なら殺菌剤「ベンレート水和剤」、「サンケイオーソサイド水和剤80」、「家庭園芸用トップジンMゾル」を木全体に、丁寧に散布します。

 

 

 

晩腐病

休眠期なら殺菌剤「ベンレート水和剤」を、生育期なら殺菌剤「ベンレート水和剤」、「サンケイオーソサイド水和剤80」を木全体に丁寧に散布します。

 

 

 

 

まとめ

ぶどうは、鉢植えでも楽しめる果実です。
鉢植えで楽しむ場合は、デラウェアがお勧めです。

地植えの場合は、
近年人気種の、シャインマスカットがおすすめです。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す