柊(ヒイラギ)の育て方について 肥料の与え方・剪定方法・増やし方・病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

柊(ヒイラギ)は、葉っぱに特徴があり、
トゲトゲした葉っぱが特徴の常緑低木です。

柊は植木の中でも害虫に強く、
魔除けやクリスマスに利用されています。

柊は大変丈夫で、成長が遅いので
あまり手間もかかりません

また、柊には色々な伝説もあります。

そこで今回は、
柊(ヒイラギ)の育て方について
肥料の与え方・剪定方法・増やし方・
病害虫対策など、キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

柊(ヒイラギ)にはこんな伝説があります

ユダヤ人の王となる男の子が生まれたと聞いたヘロデ王は、
兵を送ってベツレヘムの二歳以下の男の子を皆殺しにします。

天使に告げられてヨゼフは、
マリアと幼子を連れてエジプトに逃れますが、
兵がこの家族に迫ってきます。

ヒイラギの茂みに身を隠すと、
枝が伸び葉も茂り、彼らの姿を完全に隠してしまいました。

マリアは自分たちを守ってくれたヒイラギに祝福を与えたので、
ヒイラギはそれ以降、
枯れることなく常に緑の葉を茂らせる常緑樹となりました。

 

 

 

柊(ヒイラギ)の品種について

ヒイラギ

モクセイ科モクセイ属になります。
1年中常に緑色をした低木となりますので、
常緑低木の部類に入ります。

葉がトゲトゲしていますが、
樹齢を重ねると、段々丸みを帯びてくる特徴があります。

ヒイラギ

 

 

アマミヒイラギモチ(ヒメヒイラギ)

普通の庭木のヒイラギではなくて、
葉の小さなタイプです。

アマミヒイラギは、
ヒイラギのなかでは寒さに弱い特徴があります。
寒さに弱いですが、関東より西側なら、
外で育てても大丈夫です。

 

 

冬越しのためにと、
室内にいれて暗かったときとか、
極端に乾燥させたとき2~3週間たつと、
いっきに葉が茶色く黒ずんできて、
ほとんどの葉を落としてしまうという性質があります。

 

 

 

斑入りヒイラギ

ヒイラギの葉に、白い模様が入った種類です。

樹高は1メートルから3メートルくらいになります。
11月~1月頃に、葉に脇に白い花をつけます。

 

 

ヒイラギモクセイ

ヒイラギモクセイは、その名の通りで、
ヒイラギとギンモクセイの雑種となります。

花は咲いても実はならない特徴があります。

ギンモクセイのような真っ白い花が咲き、甘い香りがします。
ただし、ギンモクセイよりも香りは弱いです。

葉っぱの縁はトゲになっていますが、
全くトゲの無い葉っぱも混在しています。

 

 

 

オウゴンヒイラギ

黄金色の葉を持つヒイラギです。

 

 

 

ゴシキヒイラギ

ゴシキヒイラギはヒイラギの品種の一つです。
一年中写真のようにきれいな葉色をしていますが、
特に新芽の時期は美しいです。

 

 

 

柊(ヒイラギ)の育て方について

土づくりについて

鉢植えの場合は、
赤玉の小粒と腐葉土それにバーク堆肥を 6 : 2 : 2
の割合で混ぜます。
底は、鉢底石をいれます。
地植えの場合は、
根鉢の倍くらいの穴を掘り、
混ぜた土を入れながら植えましょう。

注意点として、深植えにならないようにするため
地面より少し高植えにすると良いです。
後で沈むので丁度良くなります。

ヒイラギは、腐植質に富んだ肥えた土を好みますので、
株周りに溝を掘って堆肥や腐葉土を埋めると、
湿度も保たれ生育により効果与えます。

 

 

 

柊(ヒイラギ)の植える時期について

基本的には、真夏と真冬を避ければ大丈夫です。

ヒイラギにとって最適の時期は、
4月下旬~5月です。
この時期に植えると、まず問題ありません。

 

 

 

柊(ヒイラギ)の植替えに時期について

ヒイラギの植替えに適した時期は、
3~4月です。

ヒイラギは成長が遅いですが、
根っこが張ってきたら、植え替えましょう。

 

 

柊(ヒイラギ)の肥料の与え方

ヒイラギは特に肥料を与える必要がありません。

ただし、やせている土地の場合は、2月と6~8月に
株元に固形の油粕を2・3個置くように与えましょう。

固形油粕

 

 

 

スポンサードリンク




 

柊(ヒイラギ)の剪定のやり方について

ヒイラギの剪定は、
開花(10~12月)の終わった直後~12月中旬が最適期で、
3月と、6月上旬~8月上旬にも行う事ができます。

ただし、寒冷地では、
春になるのを待って剪定した方が良いようです。

剪定は強めに行っても大丈夫です。
植えている環境や用途によって、
好みの形に剪定しましょう。

 

 

柊(ヒイラギ)は挿し木で増やします

夏の剪定時(6月下旬~7月)か9月頃に、
鹿沼土などの挿し床に10cmほど挿して下さい。

ヒイラギの芽のあるところを中心にして、
上下3センチずつを切ります。
それを芽の部分が土に少し埋まるか、
すれすれかぐらいにななめに差します。

葉は一枚だけつけておき、その葉もさらに半分に切ります。

直射日光をさけ、明るい日陰におき、
表面が乾かないように水をやりましょう。

途中、根が生えてるか見たくなりますが、
絶対動かさないでください。

年内そのまま管理し、
来春鉢あげします。
ダメなのはしだいに枝がしおれてきます。

 

 

柊(ヒイラギ)を育てる時の注意点について

ヒイラギは冷たい風と乾燥に弱い特徴があります

ヒイラギの中でも、アマミヒイラギモチは、
奄美大島湯湾岳の特産で、
それほど耐寒性は高くありません。

地域によっては軒下野外越冬が可能ですが、
乾いた冷たい風が当たっていると枯れる事があります。

寒冷地にお住まいの方は、
この時期は室内での管理が良いと思われます。

地植えの場合は、
株元に腐葉土を被せたり、
全体をビニールで覆ったりしましょう。

根に霜が当たると、
弱って枯れてしまうこともあるので注意してください。

 

 

 

ヒイラギは、日光が大好きです

ヒイラギは、本当はお日様大好き植物です。
本来は屋外の方がいいのですが、
室内でも育てれます。

室内で育てる場合、
できるだけ窓際の明るいところに置いてあげてください。
風通しも確保してあげてください。
病害虫の予防になります。

どうしても日の当たらない部分はハゲますが、
あんまり鉢を回さずそのままで管理した方がいいと思います。

 

 

 

柊(ヒイラギ)の病害虫対策について

柊(ヒイラギ)の害虫対策について

 

使用する道具

 

 

 

ヘリグロテントウノミハムシ

ベニカXファインスプレーを散布します

 

 

 

カイガラムシ

ベニカXファインスプレーを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

アブラムシ類

ベニカXファインスプレーを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
アブラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

毛虫類

ベニカXファインスプレーを散布します

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
毛虫(ケムシ)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

 

柊(ヒイラギ)の病気対策について

うどんこ病

ベニカXファインスプレーを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
うどんこ病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

 

まとめ

ヒイラギは、丈夫で育てやすく、
手間もかからない植物です。

ただ、冬の寒さと乾燥が苦手ですので、
寒冷地で育てる場合は注意が必要です。

また、害虫や病気対策には、
ベニカXファインスプレーのみあれば、
全てに対処できますのでお勧めです。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す